GARMIN(ガーミン)製魚群探知機の販売、取り付け、ボートカスタムを行っています。お客様のご予算、ご要望に応じて最適な機器を見つけます!

 

トップ > ◆ GARMINエレキ > Forceマウントカット+シャフトカット【レンタルボート仕様】【GT54振動子付き】

Forceマウントカット+シャフトカット【レンタルボート仕様】【GT54振動子付き】

価格 : 円(税込)
数量
 

お買い上げ合計代金が3万円以上は送料無料

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
ガーミントローリングモーター『FORCE』をレンタルボート仕様にした商品となります。
・シャフトを50インチから39インチにカット
・マウントをショートサイズにカット
・組み立て、キャリブレーションを完了しての出荷

《追加オプション》
FORCE用クイックリリースマウント(工賃含む)
▲汽Ε供璽丱Ε妊奪(工賃含む)
電源延長ケーブル(4m)アンダーソンコネクタ接続仕様
ぅ屮譟璽ー(60A)
※エレキ本体のマウントをカットした事でクイックリリースマウント及びバウデッキに固定する穴を新たにあけなおす必要があります。
 ある程度の工具をお持ちでないお客様は 銑のオプションは追加されることをおすすめします。

※バウデッキに直接エレキを取り付けることも可能ですが、ボートに設置する事が非常に大変になる為おすすめ致しません。
※掲載写真はクイックリリースマウントを取り付けてある状態です。
※細いケーブルでの電源ケーブル延長は発火の恐れがあり大変危険です。
※カスタム品となりますので、納期詳細についてはお問い合わせください。

※弊社カスタム品においても保証は通常通り3年の保証期間となります。

FORCEはフットコンがワイヤレスになった事から重量があるものの、以前に比べ持ち運びがしやすくなりました。
ですがいくら持ち運びがしやすくなっても、今までのようにエレキとバウデッキを合体した状態ではボートに設置するのは容易ではありません。そこでFORCE用のクイックリリースマウントを使用しボートに設置しやすい仕様にしました。
クイックリリースマウントを使用することで副産物がありました。このマウントは凹凸部を合わせ船首方向にスライドすると仮固定ができます。フォースは重量バランスが船尾側(モーターではなくヘッド側)にあるので万が一手を離してしまってもボートのデッキに落ちようとするので、最悪の事態を避けられます。


クイックリリースマウントを使用した取り外し手順



















強靭な防水機構IPX7規格取得した唯一のトローリングモーター

これまでのトローリングモーターはモーター内部への浸水で故障することが度々ありました。
豪雨でモーターヘッドからシャフトを通ってモーター部に浸水
スケグに衝撃を与えたことでモーターケースが変形破損して浸水
内蔵振動子接合部から浸水
これらを未然に防ぐ防水設計と耐久性の高い設計です。
 

GARMIN TROLLING MOTOR FORCEは本体 マウント リモコン ワイヤレスフットコンのすべてがIPX7の防水規格をクリアした初めてのトローリングモーターです。
IPX7は、国際電気標準会議が規定した機械や機器を対象とした防滴・防水性能表示のなかで、水中に沈めても不具合が出ない防水性能を持っている機器に与えられる国際標準規格。外気と水中の温度差が5度未満の環境で、約1mの深さに一時的に30分間沈めても動作に影響がでない機器に対してIPX7の表示が認められる。

GARMINエレクトリックモーターFORCEレンタルボートへ導入のメリット
.侫奪肇灰鵑ワイヤレスになり重量はあるものの両手でしっかりと持つことが可能です。
▲屮薀轡譽好癲璽拭爾砲茲覽群探知機への干渉(ノイズ)が極めて小さくなっています。
ブラシレスモーターの為、従来のようにブラシの交換は必要がなくメンテンナンスフリーかつ高い防水性能と耐久性を持ち合わせています。
ぅ▲鵐ーロック(自動定点機能)の強さ設定ができるので、レンタルボートでもしっかり留まることが可能です。
ヂ昭卮羈啝にはスピードの向上と、バッテリーの消費を軽減しています。
θ鷯錣棒鼎にプロペラが回転します。
Дートパイロット機能を活用し安全かつ正確に航行ができます。